FC2ブログ

りんごのブログ 青森

健康果実、青森りんごのお話。青森県弘前市で 「葉とらずりんご」を栽培している「せいの農園」のブログです。 


インフルエンザが
猛威をふるっておりますが、
皆さま、
お元気でいらっしゃいますでしょうか。

受験シーズンも真っ只中ですが
どうぞお気をつけくださいませ。

日頃より、りんごのご注文を
ありがとうございます

2月に入りましたが、
おかげさまで、
本日もたくさん出荷させて頂いております。
心から感謝いたします。

020401

「1日1個のりんごは医者いらず」
とも申します。
ぜひ、毎日の食卓にいかがでしょうか。

贈答用、家庭用、
どちらのりんごも当面販売いたしますので
機会がありましたら
よろしくお願い致します。



せいの農園注文サイト  「葉とらずりんご」 




スポンサーサイト



りんごに含まれるアップルペクチンが、
放射性核種の排除効果があると、以前ブログで紹介しました。

皆さん、
では、どの品種がアップルペクチンの含有量が多いかご存知ですか?


アップルペクチンの含有量が多いりんごは・・・
富山大学 田澤名誉教授の講演の様子です。
産業技術センター 市田淳治先生のデータでは
品種別で数値に差があることが分かります。

1位 王林
2位 レッドゴールド
3位 ふじ
4位 千秋
5位 むつ・・・とこのように結果が出ています。

王林、ふじが多く含んでいるのは、嬉しいですね~
りんごは全般的に、ペクチンの含有量が多いので
品種にこだわらず、好きなりんごを食べて
健康に役立てられたら 万々歳です

全ての品種を知りたいですが、そう思うのは私だけではないですね。
アップルペクチンについては、いま 注目され始めたばかりですので
きっと今年の秋には、すべての品種を調べてくれるのでは!!と期待しています

ポイントは、完熟りんごを 一日に丸ごと(皮つき)2個ですよ

テーマ:被爆予防にりんご! - ジャンル:ヘルス・ダイエット
りんごの健康効果と、りんごに含まれるアップルペクチンリンゴペクチン)について
5/28講演会の様子です。

りんごの健康効果
田澤先生は、りんご1個がどれだけ体にいい影響を与えるか
研究結果を分かりやすくご説明くださいました。

りんごを皮ごと 丸ごと食べる!
そうすると、質の良いウ○チが出て、腸が元気に健康になる。

多くの病気を防げること、治療にも効果があるそうです。

りんごに含まれるペクチン、アップルペクチン(リンゴペクチン)が
とても優秀なことが良く分かりました。

講演の最後に、「これからの時期は、完熟りんごがなくなりますが
りんごジュースやジャムでは、アップルペクチンの含有量はどうでしょうか?」
と私が質問しましたら
ポイントは、完熟りんごを皮まま食べることです。
ジュースもジャムも測ってみなくては分かりませんが、皮ごと丸ごとが理想的ですね」
と、教えてくださいました。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
昨日、りんごの健康効果「アップルペクチン」について勉強をしました。

◎「原発と食の安全」---下田敦子先生
◎「リンゴの秘密に迫る・・・アップルペクチンによる門脈血浄とセシウムの排除効果」
  ---医学博士 田澤賢次先生 
◎「アップルペクチン機能性研究会」資料提供 

りんごの健康効果は、多くの方にも知られていますね。
毎日りんご1個を食べることで、健康になれるとういうのは
腸内環境を良くし、自然治癒力を高めることにつながり
そして、癌の発生を抑えたり、癌の増加を抑える効果につながるという話です。

  私の知った範囲で、お伝えしますね

りんごに含まれる成分「アップルペクチン」が
なんと、チェルノブイリで被爆した子供の治療に効果があったというのです

毎日 アップルペクチンを摂取した結果、内部被爆量が下がり
免疫が高まり 子供たちが健康体に近づいたそうです。

他の効果では、心電図の数値が正常に戻りやすくなること、
また、セシウムの半減期でも結果がはっきり出たそうです。
普通の食事を摂った場合と、アップルペクチンを摂取したのと比べ
半減期が69日に対し、アップルペクチン摂取が27日と短い結果だそうです。
この時期でも、葉とらずサンふじ!


いや~、驚きの研究結果ですね。
これからも、私の知った範囲で ブログで紹介しますのでご覧ください。 

  ポイントは、完熟りんごを丸ごと2個食べることです。  
 
明日も紹介します!

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット
被爆予防にりんごが効果的!

見えない放射能に日々おびえて暮らす方も少なくないと思います。
今日、りんごのいいお話が聞けました。

「1日1個のりんごが医者を遠ざける」と聞きますが
被爆予防にも効果があるの~?!

富山大学医学部 田澤賢次名誉教授が和訳した論文
「チェルノブイリ地区の放射性物質からの開放」によると・・・

被爆予防に効果的な手段として 蓄積された放射性核種排除のために
リンゴペクチンの摂取等が有効なのだそうです。
 
①ペクチン含有の食品、飲み物の摂取を積極的に心がける
 (特にりんご、干しぶどう、ぶどう、海藻類等にペクチンが豊富)

②特に子どもと妊娠した女性は、上記のペクチン含有食品を積極的に摂取する


    (上記 5/17 林檎商組日報より)


以下省略しますが、りんごに含まれるリンゴペクチンが
放射性核種の排除に効果的な役割を果たすなんて
知っただけでも、いいニュースだなと思いました。

毎日2個の摂取推奨だそうですよ。
営業マンの方から、いただいた新聞記事ですが
これは、多くの方に早くお知らせしなくっちゃ!と
今ブログを書いています

当園のりんごは、お陰様で先ほど完売になりましたが
できるだけ りんごを購入し、身体のために、健康維持のために
積極的に食べていただきたいなって思います。

今時期のりんごは、秋-冬に比べて
味が落ちますし、日持ちも短く 小ぶりなりんごが多いですが、
昨年12月までに収穫したりんごなので、放射能の心配はありません。
皆さんで健康に笑顔で暮らせるよう、
ぜひぜひ、青森りんごを1日2個を目標に食べてみてください

また、りんごペクチン・アップルペクチンついて
詳しく研究されている「アップルペクチン機能性研究会」が弘前にありますので
ぜひ ホームページもご覧ください。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット