りんごのブログ 青森

健康果実、青森りんごのお話。青森県弘前市で 「葉とらずりんご」を栽培している「せいの農園」のブログです。 

りんご畑の作業をご紹介します

青森は、このところお天気に恵まれ
春らしくなってきました。
場所によっては、雪が融けて
緑が見えてきましたよ

いま、青森りんご畑では 冬から続いた枝きり(剪定)作業も
終盤を迎えています!! 
(あと少しです!ファイトです

その切り落とした枝を こうして砕きチップにします。
そして、このチップを、たい肥にするんですよ~
剪定枝をチップに
化学肥料などは一切使わず、味のよいりんご、
安全なりんごは健康な土から!
ということで、せいの農園では
剪定枝を使って、たい肥を手作りするんですよ~
スポンサーサイト
テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用
このところ、天気が良くていい気持ち♪

暑い日には、りんごジュースはいかがですか?
農薬を少なく、手間を愛情いっぱいの葉とらずりんご
無添加、100%ストレートです。
【サンふじ・王林・紅玉・ジョナゴールド・シナノゴールド・ブレンド】
 なんと!6種類あります 
(種類を選ぶ際はこちらを参考に☆)
《紅玉が在庫少なくなりました、とっても希少な紅玉はお早めに》

せいの農園の 葉とらずりんごがギューッと詰まった
りんごジュースとジャムのセットもあります。
(こちらの詰合せは 2300円) 詳しくはショッピングページを。
りんごジュース・ジャムセット

りんご畑の様子です
せいの農園では、除草剤を使っていないので
こうして草刈りをしています。
今日で何日目かな・・・。
草刈り隊1
今日は草刈り隊、二人で頑張っていましたよ
土が健康だからかなー、雑草も元気だわ~。

雑草に埋もれているように見えますね。頑張れー
草刈り隊2

4日かかってすべての畑の草刈りを終えたそうです。
暑い中、大変お疲れさまでした
テーマ:農業 - ジャンル:ブログ
青森の冬は 例年にないほどの雪でした
畑には雪が多く積もり、りんごの木は雪の重みで折れたり
幹や枝が割れたり、ネズミに木をかじられたり・・・
さまざまな被害が出てしまいました

被害に遭った木は、春のうちに処置しておかなければ、
木が枯れてしまいます

ネズミの食害
薬を塗るのかな・・? 
いえいえ

傷口は土で覆い、このようにテープで巻きます

土が皮の役割を果たし、薬などを使わなくても
自然に治るんです

土を巻いて保護します
自然治癒力を信じ、土で保護してあげる。
そうすると、木はぐんぐん水を吸い上げて、
元気に葉や実をつけるんだっていうから
強いな~、たくましいな~、
生命力に感動します

いつ頃、このテープが外されるのかな・・・。
これからも、りんごの木たちを応援してくださいね
テーマ:農業 - ジャンル:ブログ
りんご畑では、枝の剪定が進み 
切った枝の処理作業に大忙しです。
(ここは「つがる」「さんさ」の畑)

一枝ずつ 拾い集めています。
これが大変 腰が痛くなるんですよね~
枝を拾い集めて・・・
枝は、燃やして処分する農家さんが まだ多いのですが
環境のためには、あまり良くないですね・・・。

そこで、当園では、粉砕機でチップにしています
枝を粉砕機でチップにします

枝のチップで、このようにたい肥を作っているんですよ~
(作業中、木屑が目に入ったりする危険もあるので
 気をつけてね~。私は写すだけで、ごめんなさい

こちらは、昨年作ったたい肥です。

たい肥になるんです!
りんごを美味しく作るために、畑の土もことも
ちゃーんと考えているんです

たい肥さん、今年もお世話になりますよ~

今朝、兵庫県淡路島を中心に、大きな地震がありました
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
この後も 余震が起こる可能性があるそうですので
ケガなどに注意してください
テーマ:農業 - ジャンル:ブログ
青森りんごを美味しく作るために
工夫をしています。

せいの農園では、栽培方法を「葉とらず」
(光合成するための、葉は宝物)
にし、農薬を抑え、化学肥料をつかわず
作った堆肥を使っています

美味しいりんごにな~れ☆

↓こちらは、今年作ったたい肥です。
 剪定枝をチップにし、じっくり堆肥が出来るのを待ちます。
今年は、きちんと囲って、たい肥場所を作りましたー。
いいものが出来ると思います
手作り堆肥
テーマ:こんなのがあったなんて!! - ジャンル:グルメ