りんごのブログ 青森

健康果実、青森りんごのお話。青森県弘前市で 「葉とらずりんご」を栽培している「せいの農園」のブログです。 



朝晩は気温が低いですが、
日中は暑くもなく寒くもない
過ごしやすい季節を迎えている
今日この頃。

でも・・・
今年も「ヤツ」が現れる季節でもあり

「ヤツ」とはカメムシ。
毎年のことではあるけれど、
やっぱり慣れません、これには



今日から「早生ふじ」
収穫がはじまりました

10月にはいろいろなりんごが
収穫の時期を迎えます。
皆様からのご注文を
お待ち申し上げます




スポンサーサイト
今年はねぷた祭には
行けずじまい。
なので、写真がなく・・・
「ふらいんぐういっち」の前ねぷた、
見たかった。
どうやら、せいの農園地元の
ねぷたチームが優勝?したみたい。
ご紹介できずにスミマセン

先週末、私用で東京へ
数日行ってまいりました。
暑かった~、と帰ってきたら
弘前の方が暑かった日が
どうやらあったらしい

人生3度目のサンリオピューロランドへ
行く機会に恵まれました。
キティちゃんがめちゃめちゃ可愛くて
いい年して、はしゃいでしまいました。

16081101


建物内部、覚えているものですね。
少し懐かしく感じました
全てのキャラクターは可愛く、
あの状態にも関わらず
ダンスはキレッキレッ
すごいなあと感心。

1度目は17年前、
2度目は12年前。
子供が小さかった時に訪れました。

キャラクターに喜んでいた子供が
自宅から遠く離れたこの近くに
一人で住むことになろうとは、
当時は考えてもみませんでした。

時が経つのは早いものです。
しみじみ感じました。
平凡な1日1日を大切にしよう、
改めて思いました。



某所のパンケーキ専門店で
いただいたマンゴーのなんちゃら。

16081102

美味しかった~!
いちごがのったのも、
プレーンなやつもウマすぎて感動
最後はちょっと胸ヤケしたけど
地元にもこういうのあるのかな。
今度探してみよう。

充実した都会での数日でしたが、
新宿駅の人の多さ、歩く速さには
何度行っても慣れない私でした


昨日、今日と
しとしと雨模様の弘前市

さくらんぼが心配ですが
祈ることしかできず。

なんとか少しでも多くの実が
無事でありますように。


さて、今年のつばめちゃんたち。
4月ごろから、つがいと思われる2羽が
直売所の蛍光灯の上にある巣に
出入りを繰り返していました。

つばめ2

でも一向にヒナの声が聞こえてこない。
なぜだろう・・・

フン対策として蛍光灯の下に
傘を吊り下げているのですが、
そこを2階から見てみたら、
なんと
4個のたまごが落ちていました

残念です。
色々あるのね、鳥にも



余談。
そーっと写真を撮ったつもりですが、
この後、ツバメちゃんのお怒りをかい、
頭上から白いものが降ってきた!
ごめんよ・・・

下半期に向けて運が付いたかしら





あったかい・・
2月半ばだというのに
今日の気温は最高8℃。
春のようです
明日は雨の予想ですが、
最高気温は11℃とか。

今年弘前は雪も少ない。
生活の上では楽だけど、
春以降、畑や田んぼに
影響がないことを祈るばかりです。

先ほどお客様から
「チェルシー」をいただきました。
思わず
「なつかし~

お客様もおっしゃっておりましたが、
最近はこの箱に入ったタイプ、
なかなか置いていないらしいです

ame

確かによく見かけるのは
袋入りのもの。

箱物は大きいスーパーでは売っておらず、
地元の小さいスーパーでやっと見つけたとか。
大人買いされたようです

子供の頃、箱に入ったお菓子は
「特別感」がありました。
おこづかいで買うには少し贅沢で、
年に1,2度しかない遠足のおやつの
定番品だったなあ。
ホントになつかしい・・・

あまりの懐かしさに
検索してみたら、
パッケージにも色々歴史があったり、
今は「プレミアムチェルシー」なんてのも
あるようで

もうすぐバレンタインデー。
高級なチョコレートを
「年に一度は食べたい派」ですが、
身近にある懐かしいおやつも
なかなかいいものですね

ちなみにチョコレートは
「真っ赤なガー○」が
私はいちばん好きです。
どうでもいいですね

2月3日のこと。
穏やかなお天気のこの日、
せいの農園では、
昨年増築した選果場の
安全祈願が行われました

安全祈願

直売所のある「下湯口地区」では、
毎年旧正月の頃に、
前年新築した建物に消防団が水をかけ、
纏ふりをする風習があります。

火事が起こらないようにと
安全を祈願する行事です

放水の勢いと、
「シャッ! シャッ!」という纏の音が
なんとも厳かな雰囲気をかもし出し、
身の引き締まる思いです

市内でもこのような風習は
もうほとんど見られなくたったようで、
とっても貴重な体験でした。

消防団の皆様に感謝です