FC2ブログ

りんごのブログ 青森

健康果実、青森りんごのお話。青森県弘前市で 「葉とらずりんご」を栽培している「せいの農園」のブログです。 


「ぐぁばだびょん」
なんのこっちゃ
という方がほとんどでしょう(笑)

しかし! 
今年も作りました!!

岩木山の見えるぶどう畑のぶどう職人、伊東竜太さん、
当、せいの農園のりんご職人、清野耕司、
そして、
東京は恵比寿在住の書家、
田川悟郎さんによる題字のコラボレーションで、
年に一度だけ限定生産している、
オリジナルブレンドジュースでございます

19021902

6作目となる今回は、
津軽の名峰「岩木山」の稜線をイメージした
「山」の字のラベルがシブく、
ジュースの色はぶどう色が強めで、
「まるでワイン??」と感じさせる
オシャレな仕上がりとなっております。

りんごとぶどうの割合は変えていないのですが、
その年の仕上がりでジュースの色が違います。
去年はもっとオレンジ色寄りの仕上がりでした。
まさに年に一度のジュースです。

肝心な説明を忘れておりました。
「ぐぁばだびょん」とは
「グアバだよね?」というニュアンスの津軽弁です。
りんごとぶどうの果汁をブレンドしたら
グアバジュースのような風味になったことから
そう名付けられました。

甘すぎず、さっぱりとした
「ぐぁばだびょん2018」
どうぞお試しくださいませ。


せいの農園HPはこちら  ここをクリック










スポンサーサイト

今日はものすっっっごく寒い日です。
弘前市の13時の気温、
マイナス6度だそうで。
風が刺すように痛く。

りんごを保存している冷蔵室は1℃前後。
冷蔵室が温かく感じられます
ホントに。

明日もこんなお天気のようですが、
直売所は3連休も、
休まず営業します。

皆さまのお越しをお待ちしております。
どうぞお気をつけておいでください

直売所へお越しくださるお客様へ
大変あつかましくも、お願いがあります。

木箱1箱分を購入されるお客様は、
ぜひとも、入れ物(箱やかごなど)を
ご持参いただけますと大変ありがたく存じます。

これまで、
こちらで用意した段ボール箱に移しかえて、
お持ち帰りいただいておりました。
この段ボール箱は、お取引様からのご厚意で
私共も入手できていましたが、
昨今のエコ志向、環境への配慮等々の理由から
入手が難しくなってきております。

皆さまには何卒ご理解・ご協力をいただきたく、
心よりお願い申し上げます。

190208

ネットショップも営業中。
在庫もまだまだございます。

せいの農園ホームページ   葉とらずりんご 











インフルエンザが
猛威をふるっておりますが、
皆さま、
お元気でいらっしゃいますでしょうか。

受験シーズンも真っ只中ですが
どうぞお気をつけくださいませ。

日頃より、りんごのご注文を
ありがとうございます

2月に入りましたが、
おかげさまで、
本日もたくさん出荷させて頂いております。
心から感謝いたします。

020401

「1日1個のりんごは医者いらず」
とも申します。
ぜひ、毎日の食卓にいかがでしょうか。

贈答用、家庭用、
どちらのりんごも当面販売いたしますので
機会がありましたら
よろしくお願い致します。



せいの農園注文サイト  「葉とらずりんご」