FC2ブログ

りんごのブログ 青森

健康果実、青森りんごのお話。青森県弘前市で 「葉とらずりんご」を栽培している「せいの農園」のブログです。 

雪が降る中、りんご木剪定部隊は今日も頑張っています
10歳のりんごの木
「この木は、10年の木だよ。
大きくなったべ~。
枝が半分以上、雪に埋もれているから
溶けてきたら、また剪定しなくっちゃならないな。
今年は仕方ないな~。
雪の下の枝を予想して切るから、すごく難しいんだ・・・」

お~お~、
そりゃ、難しいわッ


一人前になりました!
一人前になると、剪定を任されるようになります。
剪定は、りんごの実りが左右されるため
責任の大きな、難しい仕事です。

枝切りが出来るようになれば、一人前!
   「頼りにしてるよ~、頑張ってね」と
励ましてきました(笑)

今日はプラス気温の予想ですが
雪が降り、寒い日です。
2月ももうすぐ終わり!
これから だんだんと暖かくなるはず。
春はもうすぐそこだから、剪定部隊、頑張って~~
テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用
青森は 雪に覆われています。
マイナス4℃ 寒いですね~。

でも、空気が澄んでいて気持ちいい朝でしたよ

冬のりんご畑
今日は、直売所の出勤前に
りんご畑の様子を写しに行きました。

遠くから、父の声が聞こえる・・・。
ズームでようやく発見!パチリ

「おはよー! お父さん、祐介、寒いけど頑張ってね!」
りんごの木 剪定作業
枝切り作業は、とっても難しいそうです。
今年、来年の花芽の付き具合を予想して
バランスを考えながら 切り落とすそうです。
ベテランでなくっちゃ出来ない、職人の仕事です。

この雪の中、朝から 晩まで 
雪の上に立っての作業、本当にご苦労さまです
テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ
当園ではりんごの木を有効利用しています。

りんごの木は、大きな木で30年~40年で
若い木に代替わりします。
病気で弱ってしまった木は、もっともっと早く切らなくてはなりません。

これまで、たくさんの実をつけてくれてありがとう!!
って感謝の気持ちで作業をしています。
薪割り隊、頑張れ!
切った木は有効に使い、せいの農園では薪にします。
りんごの産地 青森では、冬場は石油や灯油ストーブではなく
薪ストーブを使っている家庭が多いんですよ

りんごチップを使ってスモークのお料理を楽しんだり・・・
なんて、アウトドアにも人気ですしね

薪割り作業では、りんごの木の爽やかな香りがしていますよ~
テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記
ここ、青森弘前市は青森県の中で
最もりんごの生産量が多い地域です。

この辺りのりんご畑は、薄いピンク色の可愛い花が一面に広がり、
どの品種のりんごの花も満開です
花摘み作業
アップルロードは満開の花を楽しむには、
いまが一番キレイな時ですね

りんご畑では、摘花作業が真っ最中です。
中心花を残して、周りの花を摘み取ります。
大きく美味しいりんごが実るように、ひとつ ひとつが手作業です。
あいかの香り 花摘み中
今年は、昨年の天候の影響で花が少ないようです

花が少ないということは、その分、りんごの実りも少ないということ・・・
確実に受粉してくれるといいのだけど、、、。
いいりんごが実るように期待し、大事に育てたいなって思います
作業に当たる私たちも、頑張ります!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記
雪深い北国のりんご畑では
この「カンジキ」がとても便利です。

3月にはいっても、りんご畑の雪は40?50センチとまだまだ積もっていて、
その上で剪定作業をするのですから、一歩一歩歩くたびに
足を取られては大変です。

「雪の上を歩くと、足が取られて、足も腰も痛くなるんだよ?。
だからこのカンジキが役に立つんだな?」

冬のアイテム
写真を写しに行った私は、普通の長靴です。
一歩 一歩が埋もれて(単に重いだけか?!)
みんなのそばに着いたころは、ヘトヘトでしたよ?


温かい日はプラス気温になりますが
寒い日はマイナス5℃程。
朝は、もっと冷えているかなー。

手も足も身体も冷たくなるよね、頑張れ父ちゃん!
頑張れ、みんな!!
テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用